債務整理の用語集 さ行・た行・な行

債務整理の用語集 は行・ま行・や行・ら行・わ行

債務整理用語集 ~は行

  • 破産管財人・・・破産手続の開始決定と同時に、裁判所によって選任される。破産する会社の財産を管理、調査、換価し、債権者に配当する等の手続きを行なう。
  • 破産尋問・・・尋問とは裁判官などとの面談のこと。普通は破産確定のための尋問と免責を決めるための尋問と2回程度の尋問があります。 破産尋問は2回あるうちの初めの尋問になります。
  • 破産法・・・破産事件数の増加に伴い破産手続きを簡素化し、迅速な対処を図るため、新しい破産法が平成17年1月1日より施行。
  • ハードシップ免責・・・返済の途中で、なんらかの事情によって支返済を続けていくのが厳しくなった場合に、借金の残高を免責してもらえることができる救済制度。
  • 引き直し計算・・・過去に支払った超過利息分を利息制限法の上限金利で再計算して多く支払っている分を元本に充当していくことを言う。
  • 非債弁済・・・債務が存在しないことを知りながら、債務の弁済として給付を行なうこと。非債弁済によって支払ったお金は返還を請求できない。
  • 非免責債権・・・免責許可の決定が確定した後についても、破産者が支払いを免れることができない税金などの特殊債権のこと。
  • 不当利得・・・法律上正当な理由がないにも関わらず、他人の財産などから利益をあげること。
  • ブラックリスト・・・返済が頻繁に滞ったり、破産などが生じた場合に信用情報機関に事故情報が登録されることを、一般的に「ブラックリスト」に情報がのると言われ、登録期間5~7年といわれる。その間に新たな借り入れはできなくなる。
  • フリーローン・・・名前の通り使い道(用途)が定められていないローンのこと。カードローンや消費者金融などのローンは一般的にフリーローンとなっていることが多い。
  • 分別の利益・・・保証人が複数名いる場合、主債務の金額を頭数に応じた平等の割合で分割した金額分しか責任を負わなくてよいということ。この権利は保証人にはあるが、連帯保証人にはない。
  • 弁護士報酬・・・弁護士に払う報酬のこと。自己破産では、同時廃止の場合で15万円から30万円かかる。自己破産を申し立てる際は別途に、予納金切手代などが必要。
  • 弁済・・・債務の消滅に向けられた行為のこと。借金の返済のこと。
  • 弁済計画・・・和解案とも言い、任意整理の時に債権者にどのような形で返済していくかを示す案が弁済計画案のこと。
  • 弁済計画書・・・任意整理を行う際に、代理人である弁護士・司法書士が提案する返済計画のこと。
  • 法定利息・・・借り手と貸し手の契約当事者同士が、利息を決めなかった時に適用される利息。商法では年6%、民法では年5%、その他、利息制限法では15%~20%に定められている。
  • 保証人・・・債務者がその借金を返済できなかった場合に、返済責任を負う者のこと。保証人には「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」の3つの権利がある。
債務のことなら
信頼のまつげエクステサロンを見つけるなら、まつ毛サロン IRIE〜 アイリー 〜にご相談ください!まつげエクステ 町田 でまつげのことは私たちにお任せ!

債務整理用語集 ~ま行

  • みなし弁済・・・本来無効である利息制限法の上限金利を超える金利を、出資法の上限金利(29.2%)までは合法と認めるという例外規定のこと。貸金業法の改正によって廃止。
  • 無担保無保証・・・保証人や物的保証を必要としない、個人の信用のみで融資を行なうこと。
  • 名義貸し・・・他人に自分の名義を貸して借金をさせること。
  • 名義冒用・・・「名義貸し」とは異なり、本人の許可無く、第三者に名義を使われ借金を追ってしまうこと。勝手に名義を使われた場合、基本的には返済義務はない。
  • 免責・・・借金の支払責任を免除するということ。自己破産後に免責許可下りて、初めて借金の支払責任が免除される。
  • 免責尋問・・・破産者に免責を与えるのが適当かどうかを判断するための尋問。破産原因に免責不許可事由が含まれていないかを中心に質問される。 免責尋問は必ず本人が出席しなければならない。
  • 免責不許可事由・・・免責手続は支払義務を免除するかどうかを判断するための裁判所の手続きで、免責不許可事由がある場合には免責が不許可(支払義務が免除されない※)とされることがある。
  • 申立て・・・債務者の破産手続開始決定を求める旨の、裁判所に対する訴訟行為のこと。

※免責不許可事由の内容

  • 1.破産手続や免責手続において虚偽があったり調査に協力しない場合
  • 2.浪費やギャンブルが負債を増やした主な原因の場合
  • 3.クレジット契約などに違反する悪質な行為(商品の現金化など)をした場合
  • 4.支払能力などについて債権者を欺いた場合
  • 5.財産隠しをした場合
  • 6.過去7年以内に免責を受けている場合

債務整理用語集 ~や行

  • ヤミ金・・・闇金とも。財務局や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者のこと。登録していても違法な高金利で融資を行なう貸金業者のこと。
  • 融資・・・金融機関等から、必要な資金を調達すること。
  • 与信・・・信用を与えるという意味で、融資や融資枠のこと。与信が高い人ほど借入限度額が上がる。
  • 予納金・・・裁判所に自己破産を申請する場合は予納金が必要。予納金は、管財人選出や官報に掲載する費用などになる。金額は裁判所や債務金額によって異なるが管財人を必要としない同時廃止の場合は、おおよそ2万円程度。予納金のほかに切手代なども必要。
借金でお困りの方へ

債務整理用語集 ~ら行・わ行

  • 利息制限法・・・貸金業者が貸付を行う際の金利の上限を定める法律。上限金利は15%~20%。過去に返済した借金の中で、利息制限法の上限金利を越えている場合は「過払い金」として返還請求を行なえる。
  • 利息カット・・・任意整理を利用しての債務整理の際、将来にわたる利息をカットしてもらえることがある 。
  • リボ払い・・・正式名称は「リボルビング払い」。追加融資を受けても、月々の元本支払額は変動しない支払方式をいう。
  • レディースローン・・・女性の方が借りやすいように作られた女性専用の融資。消費者金融や信販会社でよく取り扱いがある。
  • 連帯保証人・・・債務者がその借金を返済できなかった場合に、返済責任を負う者のこと。連帯保証人には「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」の権利がない。連帯保証人は借りた本人と同列になり、「連帯保証人=債務者」となる。
  • 和解契約書・・・任意整理等で債権者と合意ができたことを証明する契約書。和解契約書には、減額した債務額、毎月の返済額、返済期間、振込口座などを記載。
  • 和解締結・・・和解案が妥結して返済に移行しますが、返済が滞ることがあると和解は凍結され場合によっては無効になる。その場合、弁護士・司法書士などの代理人は辞任する場合が多い為和解後に滞納するような和解はするべきではない。